超回復について

「超回復」という言葉をご存知でしょうか?
超回復とは、ざっくり言うと筋肉が強くなるときの仕組みのことです。

 

筋肉はトレーニングなどで負荷をかけられると、一度破壊されます。
ここで言う破壊は肉離れのような負傷ではなくて、かけられた負荷に耐えられなくなって、機能が低下する…というイメージを持ってくれれば良いと思います。
この後、一度負荷をかけられた筋肉は、今度は同程度の負荷では破壊されないように、以前より少し強くなるようにパワーアップして回復するのです。
この仕組みが超回復です。

 

 

一般的に、一度破壊された筋肉が超回復で元に戻るまで、24時間〜48時間の時間が必要です。
無理にトレーニングすると怪我の原因にもなるので、回復するまではしっかりと休養に時間を充てたほうが良いでしょう。

 

つまり、筋トレをするときは、一度しっかりと負荷をかけたら、1日〜2日程度の休息を与えたほうが、効率良くトレーニングできる、ということです。

 

もし超回復を待たずにトレーニングを続けてしまうと、トレーニング前よりも成果を上げられない(例えば前と同じ重さを持ち上げられない)ばかりか、本来の筋肉のポテンシャルよりも軽い負荷のトレーニングが常態化すると、せっかくのトレーニングにも関わらず筋力の低下を招いたり、怪我の原因にもなってしまいます。

 

超回復の原理を理解し、しっかりと休息を取って効率的にトレーニングしていきましょう。